採卵してからもはや1ヶ月ですよ。メダカの孵化は積算250℃なんですって…
25℃ならば10日間、20℃でも2週間もあれば孵化するはずですよね。
2週間が過ぎた10月中旬になって、水温が19℃以下になる日が続き。


卵に目玉はできているのに、それ以上の成長が見られず、もうダメなのかなと…
でもまだ生きているかもしれないから、急いでシートヒーターを買ってきました。
みどり商会のピッタリ適温プラス丸大です。


他の水槽が19℃くらいな時に、+4℃で23℃前後をキープしてくれています。
それから2週間、12時間の光を当て、水を頻繁に替えて。
卵を指先で摘んで、大胆にクリクリ洗いました。良いか悪いか不明な自己流です。


すると…何という事でしょう。先週末に一尾、今朝また一尾。孵化したのです。
右端が10月24日に採卵して、11月24日に孵化した針子。
左端が10月29日に採卵して、11月28日に孵化した針子。
残念ながら3週目で、最初の卵が1個真っ白になってしまい亡くしたのですが…
まだ4個の卵が、中に目玉が見えたままでいます。なんとか孵化してほしい。
実は2週間前に楊貴妃ペアのメスが、水草迷路で動けなくなり、事故死したのです。
残ったのはオス楊貴妃だけ。この子達が忘れ形見となったのです。