一番最初に孵化したのが、7月20日だったので1ヶ月半。2cmを超えました。
次々に孵化して、一番小さいやつでも1ヶ月。1.5cmはありそうです。
約80匹の中から選抜された、幹之(みゆき)メダカ20匹・・・MYK20
無事に移し終わりました。



育成用に使っていたプラBOXから、約3倍の大海に放たれた感じでしょうか?
あっちへソワソワ、こっちでオロオロ…  落ち着かない様子だったけど。
飼育水どうしでも、点滴法で2時間かけて水合わせしたので、たぶん大丈夫。


水平噴射では対流が強すぎるので…
水位を下げて、サイレントフローの排水口から流れ落ちる様にしました。
そこの所だけ下降流が有りますが、時々遊びに来るくらいだから平気なのでしょう。


溶岩石の陰に、凄く小さな動くもの発見。画像の中心やや下に居ます。
比べる物も無いし、ピント合っていないのですが、ミナミヌマエビの赤ちゃんです。
買ってきた時に、ビニール袋の中で孵化していた子でしょうか?お腹に居た卵から?
メダカもまだ小さいので、食べられちゃうことはないでしょう。元気に育てよ〜!