image

厳冬期の八ヶ岳に日帰りで縦走するには、どうしたら行けるだろう。

文三郎〜赤岳〜地蔵

上記は2009年12月21日の山行コースです。 →当時のブログ
FFの夏タイヤで美濃戸口の八ヶ岳山荘までも入れず。別荘入口から歩いたのです。
美濃戸までも林道歩き、北沢から赤岳鉱泉、中山乗越をへて行者小屋でテン泊。
文三郎尾根から赤岳、地蔵尾根を行者小屋に戻って、南沢を下って車に戻る。
1泊2日ならば、しかも赤岳一本きりなら、こんな余裕なルート設定も可能です。

地蔵〜横岳〜硫黄岳

自分の体力で、日帰りを成功させる第一条件は、美濃戸まで車で入ること。
真っ暗な雪の林道を、軽1BOX4WDの冬タイヤで、何としても上る。
じゃないと、往復2時間のプラスになってしまう。こうれはもう絶対無理。

横岳〜硫黄岳縦走

あとは天気が心配でしたね。
小淵沢の道の駅で仮眠中にも、小雪が舞って路面が白くなっていた。
6時間ほど眠って、午前4時から活動開始…

つづく