伊予の国の一ノ宮は瀬戸内海の真ん中にある、大三島の楠原生林に囲まれている。


総門にかけられた扁額(へんがく)には、日本総鎮守・大山積大明神とある。
大山祇と大山積、どちらも読みはオオヤマヅミなのだか…
社名と祭神名で使い分けているそうだ。
天照大神の兄神さまだそうで、そんな凄い神様の名に自分の名が入っているとは!


日本最古の楠だそうです。樹齢3000年だと〜!


境内約100本の楠が群生しており、うち38本が天然記念物に指定された。