紅葉を楽しみながら、奥鬼怒林道を走り抜ける。黄色は多いけど、赤が少ないね。


湯滝の上から撮影。下の観瀑台にはたくさんの人が。時間が押していたのでパス。


心なしか湯元の硫黄臭が去年よりキツかったような? いや…気のせい気のせい。


金精峠を越えて、いつもならオヤツタイムだけど、寒いから甘くて温かいこれ!
この後夕暮れ迫る道を、老神から赤城に抜けて、昭和インターでクネクネ終了。
が、しかぁーし!
本当に疲れたのは関越道、藤岡JCTから高坂SAまでの渋滞45km。
集中して常に用意しているブレーキのために、右手と右脛が悲鳴をあげる。
左手は昼間のクラッチ操作の連続で、すでに終わっているし、背中もガチガチだ。
高坂で晩飯食って、外でコーヒー飲み、駄弁りながら渋滞解消を待つ。
結局…日付が変わる前には帰れたが、534kmまさに激ツーでした!