雪山装備

とうとう購入してしまいました。使わなきゃもったいなんで…行くしかないです。
トレッキングポールに着けるツアリングバスケット。雪面に有効な大型タイプ。
スカルパ・サミットGTX
合皮シングルブーツ、ゴアテックス・デュラサームで3000m級の冬山まで対応。
保温力・防水透湿性・履きやすさ・歩きやすさ、色々あるのでしょうが、
使ってみなきゃわからんし、何故だか最初っからこれだと決めていました。
店内で1時間くらい履いたまま歩き回って、サイズも良いんじゃないかと確認。
MSRライトニングアッセント25 オレンジ
ヒールリフターも付いて、このサイズのスノーシューでは最軽量(1.7kg)でしょう。
蝶ヶ岳くらいの森林限界+αならば、大正池から履いたまま行けそうです。
ファイントラック、フラッドラッシュ・スキン メッシュ
今までもノースリーブは使っていたから、その良さは分かってるつもり。
この上に吸汗ウエアを着用して肌をドライに保ち、汗の不快感や冷えを防ぐんです。
今回はロンク゛スリーフ゛とタイツ。インナーグローブは紛失から再購入。
ミズノ・ブレスサーモ・ヘビーウエイト・クルーネック長袖シャツ&タイツ
フラッドラッシュ・スキン メッシュの上に着ようと思ってます。極寒地対応モデル。
肌面のブレスサーモ混率を30%に高めているから、汗をかくほどに温まるかな。
ブラックダイアモンド・プロディジー
ゴアテックスとゴートスキン使用の、厳冬期用オールラウンドグローブ。
とても薄いフラッドラッシュ・スキン メッシュのグローブと組み合わせて、
3レイヤーで使えば完璧なんじゃないでしょうか。
まだ、少々買い足さなければならない物もあるのですが、今回はここまで。