2008 日本山岳耐久レース
走らない、眠らない、完歩作戦みごとに失敗。
給食=大豆食品10本、アミノVPゼリー10本を1時間おきに食って行き、合間は飴をなめる…全然少な過ぎて腹に力が入らず。
給水=パックに1.8L、ボトルに0.7Lのスポーツ粉。量はこれで良かったけど、リカバリー系の粉を溶かした方が良かったように思う。
トレッキングポール(ストック)=重くても持って行って正解…これが無かったら、三頭山の手前であきらめてた。
トレランシューズ=俺のような筋力で歩き続けるならば、ミッドカット軽登山靴で足首までカバーされてた方が良かった。
第二チェックポイント(42km)=午前2時40分頃到着。休んで考え込まず、給水1.5Lを受取ったらすぐに出発すべきだった。体が冷えて思考がネガティブに…まだ10時間残っていると考えれば良いのに、まだ30kmも残っていると考えてしまう。靴を脱ぎ、靴下を脱ぎ、足の具合を確認してたら、テーピングまで剥がしてしまう。計測チップを靴紐から抜いた時点で俺のハセツネは終わってしまいました。
来年もしエントリー出来たら、もうちょっと登坂力つけて、フィニッシャーTシャツをもらうんだぁ!