saigo
最後のマンガ展に行って来ました。入口から出口まで、書き下ろした最後のストーリーが、生の絵で展開して行きます。漫画「バガボンド」を読んでる人や、吉川英治氏の小説「宮本武蔵」を読んでる人には、すぅ〜っと物語の中に入って行けるのではないでしょうか。吹き出しは少なく表情でつながって行くので、見た人それぞれの解釈で完結して、それが如何にも心地良い最後になるのだと・・・