41556549c.JPG5文三郎道を下らず、調子こいて中岳登り返して降りて来たら…11時。急いで撤収して、山小屋の蕎麦食って、行者小屋を出たのが11時48分…バスの時刻まで3時間。登りより下りが大変、ヘロヘロになった息子をなだめてすかして1時間40分、明後日…中学校の運動会があるのに、たぶん使い物にならないな。赤岳荘の前からは尾根で話し掛けてくれた老夫婦と息子さんが「乗って行かれませんか?」って声かけてくれて…美濃戸口まで楽させてもらっちゃいました。お坊ちゃま連れてると良い事あったね。
バスで茅野へ、茅野駅では「本日の新宿方面特急列車の指定席はすべて満席です」とアナウンスしていたが、入ってきた臨時特急「はまかいじ」横浜行きはガラガラで空席だらけ。小淵沢や甲府、勝沼などで、登山客や観光客(ぶどう狩り)が多く乗り込んで来てやっと満席になったけど、茅野からなら自由席で充分だったじゃん。
列車の窓からはさっきまで居た八ヶ岳が(頂上は雲の中でが)綺麗に見えた。親父は「次は硫黄岳の爆裂火口みるか?」などと言ってみたが、息子は「・・・うん」よっぽど辛かったのか?
明後日…「水曜日に中学校の運動会があるんだ」って帰り道の知らされた。あぁ〜ぁ、お前のその足…使い物になるのか?