0b2a83ff.jpg大きな木陰にシートを敷いて、潮風に吹かれながらのスケッチ。湿度が高くてベイブリッジの先は霞んで見える。おおかた描き終えた頃には眠くなって、そのまんま昼寝。木陰は伸びて西日を浴び、凪いで潮風は止まり、ジトォ〜っと汗をかいて起きる。一旦目を離して(寝て)から描いた絵を見ると「なんでこんなに濃くて太い線を入れてしまったんだろう?」とか「もっとシンプルな着彩にしとけば良かった」なんて反省ばかり。もっと数こなして、描きまくらにゃいかんですな。