1fd21bfc.jpg横浜西洋館シリーズ第2弾 山手イタリア山庭園にある「外交官の家」 横浜の市街地を見下ろす丘の上。ちょうど根岸線のトンネルの上に「山手イタリア山庭園」がある。1880年(明治13年)から1886年(明治19年)にかけてこの場所にイタリア領事館があったことから、「イタリア山」と呼ばれるようになった。 今回から紙はアルシュ・ブロック(四方固め)を使ったので、水をたっぷり含ませて空などをドバァ〜っと塗っても、ふにゃふにゃになり難く、乾けばまたパァーンと張りが戻る。これが本当に気持ち良い… 1枚1枚ボードに水張りして描けばもっと気持ち良いのだろうけど、めんどくさがりの俺には丁度良いな。360mm×510mm・300g/屐庁横伊腓婆鵤泳円って事は、1枚500円! これじゃちょっとくらい失敗したからって「ビリビリッ!止ぁ〜めたっ!」て言えないよな。