b159c3b4.JPGまず←,シートベルト巻取りの所とギリギリ。これはまぁ〜力技ってか、調整範囲いっぱいにセンターコンソールの方に寄せて留めれば済むのだけど、問題は←△良分。んね!もしここにリクライナーダイアルが着いていたら、シートスライド出来ないでしょ。レカロのベースフレームマッチング情報でもクライスラー・ジープ・ラングラーとたどって見れば、LシリーズやSRも「スライド位置後端付近でバックレストサイドとロールバー干渉大、ドア側のリクライナーダイヤルを外して車両との干渉を避ける(和らげる)、リクライナーダイヤルを外した後ゴムキャップ(別売1050円)を取り付ける」って書いてあるんだけど、体重かけてドンっとスライドさせれば、ロールバーにガリっと傷付くのは必至。 んなもんで、国産純正レカロシートの助手席用を使った訳なのです。これならシートを一番後ろまでスライドさせリクライニングすることも出るからね。ただし、ダイヤルの中心が高い所にあるので、グリグリ回して背もたれを倒して行ってもクランク状に折れ曲がるようになり、とても昼寝出来るようなフラットにはなりませんがね。