050430_1556~01.jpg橋を渡って長島に入った。地図を見ていても、車やバイクで走っていても、あまり感じないだろうが…島々を周回する道は結構なアップダウンが続く。一回の上りは100mに満たないのだろうけど、小さな漁港がある度にせっかく苦労して上った所からダァーっと下ってしまうのだ。これがボディーブローのように効く!こうなると下りがサッパリ楽しくない…早くフェリー乗り場の諸浦湾が来ないかなぁ〜この上りの先に標識出ているかなぁ〜っと思っても、あるのは長い下りの後にまた上り坂。はぁ〜。雨と汗で全身グッショリ濡れながら、よろず屋の店先のビールケースに腰掛けて、菓子パンと牛乳で昼飯。消費期限を確認しないと、いつ作られたんだか判らないようなパンだけど、腹が減ってりゃ何でも食えるし、美味しく感じるから不思議やね。
諸浦フェリー乗場に着いたら日が射して来た。ヤッタァ〜少しでも乾いた方が良いもんね。獅子島経由で下島に渡してくれるフェリーはとても小さい。瀬戸内海で見慣れている俺には可愛くて良い感じの船なんだけどね。船内の洗面所でグローブや靴下を絞ったり、窓枠に気休で干したり。客が少なく、好き放題の貸切り状態だったのさ。