4CAM SPORTY tsumoru's blog since 2000.03.27

とうとうLINEデビューしました。まだグループは4CAMだけですが…

2007年08月

キャンプツーリング

ff66f8db.jpg23いよいよ2週間後に迫ってまいりました。4CAM−RC(レクリエーションクラブ)恒例「秋キャンツー」ですが、今年も2泊3日の間に小さなイベントを用意しております。
1日目:諏訪湖SAにて鉄棒大会(鉄棒まだあるのかな?)とテント設営後に足湯。
2日目:世界遺産「白川郷」を巡り、大白川露天風呂へ…
3日目:現地解散後希望者はシャトルバスで畳平、乗鞍岳剣ヶ峰(3026)までのトレッキングに行きます。岩場でも歩きやすい服装と靴、雨具と昼食を入れるデイパックがあると良いですね。標高差320m、距離5.8辧標準歩行時間3時間10分。おそらく日本一簡単に登れる3千m峰で昼飯を食いましょう。

黒田清輝氏

44bbaddf.JPGいつもは上野公園内にある「黒田記念館」で、木曜日と土曜日の13時〜16時しか公開していない黒田清輝さんの作品が、今週末まで平塚美術館でじっくり観られる。代表作の「湖畔」や「智・感・情」はもとより、焼失した「昔がたり」の下絵、細部デッサンの数々が素晴らしい。いや実際の油彩より、木炭による素描の方が好きだったりする。巨匠と言われる人でも…人だからこそ、日々少しでも時間があったらスケッチしていたのですね。

渋滞疲れたね…

56c9bdcf99.JPGハシゴや鎖場、崖っぷちを歩いて。早々と下山して来ました。小淵沢の道の駅で温泉と蕎麦、ソフトクリームをやって…中央道乗ったら「小仏トンネルから19km渋滞」眠くて眠くて大変だったね。お疲れ様でした!
画像追加(左)こまくさ…駒草。
画像追加(中)花の写真を撮る男を撮る。
画像追加(右)硫黄岳爆裂火口。

八ヶ岳縦走

3445fd28af.JPG夜明け前に赤岳に登り御来光を仰ぐ。三叉峰から横岳、硫黄岳を周って赤岳鉱泉へ降りて行きます。
画像追加(左)赤岳山頂からの御来光。
画像追加(中)赤岳山頂から富士山。
画像追加(右)三叉峰から赤岳を望む。

赤岳2899m

195fb0197.JPG2美濃戸口に車をデポして、御小屋尾根から不動清水で昼飯と給水。阿弥陀岳2805mを越えて中岳から赤岳。10時に歩き出して、16時30分に到着。頂上でコーヒー入れてから、ゆっくり赤岳展望荘まで降りて来ました…17時17分着。百何十人かが入ったと思われる、五右衛門の汗風呂に入ってサッパリしました!山小屋で風呂が有るだけ感謝です。さて…これからバイキング形式の夕食は如何に?
画像追加(左)阿弥陀岳から中岳越しに赤岳を望む。
画像追加(中)赤岳山頂。
画像追加(右)赤岳展望荘から阿弥陀岳の夕焼け。

南八ヶ岳

0e09e72f.JPG今週末こそね…本当に今週末こそは家族サービスしようって、「土曜日の水泳朝練が終わったら一泊で何処か行こうぜ」って提案したらさ、「日曜日は模擬試験が入ってるの」だってさ。しょうがないね…息子らが遊んでくれないんじゃ、お父さん一人で何処か行こうかなぁ?山行ってみようかな…前の号のターザンに「夏山トレッキング再入門」てのがあって、八ヶ岳の最高峰赤岳にも美濃戸口から入って行けば、ビギナーでも楽に登れるって書いてあった。でもネットで色々調べていくと…やっぱ単独じゃ心配なんで、ここはたっつぁんに相談しないと。最初は電車とバスを使ってキャンプ装備背負って行くつもりだったけど、いきなり2800超級に12kg以上の荷物を背負ってはどうかと思い、山小屋予約することにしました。
赤岳展望荘バイキング形式の食事、水洗トイレと五右衛門風呂完備にひかれました。ライブカメラもついているので、もしかしたら25日の16時頃か、26日の早朝に俺らが映るかもしれません。

加水分解

e380488f.jpg先日サマーツアー佐渡で使ったトレッキングブーツは、2001年に青森・十和田方面に行く時に買って以来、ほとんど使っていなかった物。なんと6年間も下駄箱に眠っていたのですね。インナーソールはアシックス・DSトレーナーの標準品が余っていたので換えて、靴紐も新しいのに換えて、見た目なんともなく、ちょっとキツ目だったけど薄手のソックス履いて我慢してたんす。ところが…佐渡2日目にちょっとした異変に気付きます。右爪先部に小さな亀裂が1cm程出来まして。歩く度にだんだん広がってきます。3日目を終える頃には幅4cm程に成長していたでしょうか。幸いと言うか靴よりも先に俺の足がダメになって、レンタサイクルを借りて動きが変わったので、帰宅するまでにソールが剥がれるまでには行かなかったのです。表面ツルツルのゴムの中もどうなっているんだか?捨てる前に剥がして確認しておこうとは思いますが、加水分解ってぇ〜のは防ぎ様がないですもんね。水分が多ければドロドロに溶けるし、少なけりゃパサパサに崩れていくし。一般的にはコンスタントに履いていた方が長持ちするとは言われてますが、ソールの擦り減りとのバランスですもんね。
さて、新しいモンベル・タイオガブーツもアッパーはヌバックレザーとゴアテックスの複合材で、ミッドソールはビブラム社製E.V.A.を使っていまして…※ソールは貼り替え可能なんだそうです。へぇ〜こんな溶着タイプのソールでも交換可能なんだぁ〜っと感心して聞いてみたら、交換工賃は1万円程ですって。ブーツを修理に持って行き、出来上がったら受取りに行く。んなことしてるくらいなら価格\15,800(税込)の新品買うって…。やっぱソール交換は、もっと硬くて重くて慣らしが大変な(しかも高額な)皮ブーツの場合に限りますな。
最新コメント
キャンプ忘年会
キャンプ忘年会

12月 2日(土)3日(日)

11時〜イトーヨーカドー木場店
13時〜若洲キャンプ場
新春魚ツーリング
魚ツー

1月 7日(日)

デニーズ君津店 9時〜朝食
和田浦「魚」に魚食いに行く
スポとんスイーツ
スポとんスィーツ

2月 4日(日)

横浜新道戸塚PA9時〜
とんかつ大関11時半頃
三浦半島ツーリング
三浦ツーリング

3月 11日(日)

第三京浜・保土ヶ谷PA9時
横横道路・横須賀PA11時
月別記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: